みのり幼稚園・ロゴ
こころも からだも みのりおおく
こころも からだも みのりおおく
幼稚園の一日 年間行事 活動報告
ホーム > 幼稚園生活/幼稚園の一日

子どもたちに実感して欲しい、小さな喜びの連続
子どもたちの毎日の感情を大切にしています。

おはようの挨拶が一番最初の関わり。

私たちは朝の挨拶を大切にし、子どもの笑顔を引き出すようにしています。 笑顔で挨拶ができると、子どもの中に「できた!」という喜びの表情が生まれます。 小さな感情の表れだけど、「幼稚園に来られて今日も嬉しい」と、思える大切な一歩です。

「幼稚園に来られて今日も嬉しい!」

子どもの成長に直結するこの喜びは、私たちの喜びでもあります。

登園8:40~9:00
登園8:40~9:00
登園イメージ
「おはようございます」みのり幼稚園の1日は朝のあいさつから始まります。幼稚園正門では、先生方が毎日園児ひとりひとりを笑顔とあいさつで迎えます。
体育ローテーション9:10
体育ローテーション9:10
体育ローテーションイメージ
まだ眠っている体から1日の活力を引き出す大切な活動です。年少組はホールで、年中組・年長組は園庭で鉄棒、跳び箱、平均台、登り棒、前転などにチャレンジ。先生は温かく励まして、子どもたちは「やった」「できた」という充実感を体験していきます。
日課活動10:00
日課活動10:00
日課活動イメージ
できることではなく、共鳴・共感・共体験を楽しんでいます。カリキュラムはすべて毎日30分間、飽きさせないように工夫して、リズム良いテンポで変化のある継続をしていきます。
カード遊びによる漢字、カタカナ、国旗など
詩、俳句、暗唱、諺
歌、ソルフェージュ、リズム打ち、メロディオンの演奏
外国人教師による英語
課題活動10:45
課題活動10:45
課題活動イメージ
課題活動はじっくりと個人で取り組む活動です。幼児にとって活動はすべて遊び感覚で捉えていますので、まずは先生のまねっこから楽しみながら興味を高めます。
正課活動11:00
正課活動11:00
正課活動イメージ
専任講師が、クラスごとに指導します。
体育(1回/週)
英語(1回/週)
空手(1回/週)
音楽(1回/月)
造形(1回/月)
お弁当12:00
お弁当12:00
お弁当イメージ
昼食は、おかあさんの愛情のこもった手作りのお弁当。食事のマナーやお箸の使い方も、自然に身に付くようにしています。園児ひとり一人に配られる、カルシウム源の「いりこ」の給食も楽しみのひとつです。
外遊び13:00
外遊び13:00
外遊びイメージ
昼食の後は外遊び。異年齢が交じり合って楽しく過ごす大好きなひととき。
降園13:50
降園13:50
降園イメージ
「先生さようなら」「明日も元気に来てください」担任の先生がひとりひとりとあいさつをして、降園になります。
幼稚園の時間が終了した後に開催される
正課外の教室で、 希望者が参加するものです。
それぞれの分野の専門講師が指導します。
英語教室(週1回/1時間)英語教室 外国人による英語の少人数レッスンです。カードやチップを使いながら、リスニング、スピーキングを中心としたカリキュラムです。
中村チャイルドスポーツ(週1 回)中村チャイルドスポーツ鉄棒、跳び箱、前屈回転、平均台など、幼児スポーツ能力向上のための、幼児体操教室です。
あそびの学校(週1回)あそびの学校主に工作等を通じて、作る楽しさや発見、工夫などを遊びながら学ぶ教室です。
ぶっくらんど(週1回) ブックらんど俳句、ことわざ、百人一首、論語などから、本の楽しさ、言葉への興味や理解、日本の文化まで幅広く学ぶ教室です。
書道教室(週1回)書道教室文字を書くときの正しい姿勢や、止めやはねなどの基本的な筆遣いを通じて、筆で文字を書く面白さを学んでいきます。
空手教室(週1回)空手教室武道における所作の美しさ、礼儀や挨拶など心身の鍛練はもちろん、古流の複雑な動きが身体感覚を育て、柔軟な身体を作ります。
コードブック(週1回)コードブック日々の保育生活を基に、園職員が子どもにとって最適な学習・運動・絵画指導等を総合的に行い、各子どもにあった小学校に導く受験教室です。
特別教室(週1回) 特別教室国立小学校の受験も対応しつつ、就学前の準備学習としての課外授業です。文字、図形、読解、季節の行事など、小学校受験に必要な学力を付けます。
キッズクラブ キッズクラブ
(希望者/ 14:00~18:40)
主に働いているお母さまなどを対象とした預かり保育です。登園前(モーニングキッズ/7:40~)と降園後に園児を預かりします。
活動報告
幼稚園が行った行事や
活動の成果報告です
INFORMATION
説明会や見学会など
入園関連のお知らせです
facebook
逐次、園の活動を
報告していきます

ページの先頭へ戻る